ネットで集客したい方に向けた情報サイト

>

集客したいならホームページやブログだけでは足りない!

ネット広告とは

ネット広告とはWeb広告、デジタル広告とも呼ばれ、その名の通りネット上でWebサイトの一部に掲載される広告のことです。

ネットの特性を上手く取り入れた広告で、サイトの閲覧者の年齢・性別や、興味のある内容、地域などを自動で計算して広告を表示させることもでき、目に入る頻度も高いことから非常に効果的な宣伝方法となっています。
基本的には、ネット広告を出している大手サイトに登録し、広告を入稿して審査を受け、代金を支払う、という流れが多いです。

検索エンジンに表示させる「リスティング広告」や、ユーザーがクリックした分しか代金が発生しない「アフィリエイト広告」、動画サイトに組み込む「動画広告」など、さまざまな種類がありますので、コストと宣伝効果のバランスがとれたものを選びましょう。

お金を出して広告を出すメリット

ネットには、無料で宣伝する方法がいくつかあります。
そんな中、広告料を支払ってネット広告を出すことに、抵抗がある方も多いと思います。

ですが、有料で広告を出す人が少ないということは、その分ライバルと差別化できるということです。
特に、ネット広告は集客に速攻性があります。
たとえば、大手企業はテレビCMに何億もかけて宣伝をしますが、これはできるだけ人目に商品を触れさせ、人間の潜在意識に働きかけることによって、宣伝費以上の効果が見込めるためです。

もちろん、状況によって左右されるため、費用対効果について検討する必要はありますが、低価格から始められる広告もたくさんありますので、手段としてかなり有効だと考えられます。


このコラムをシェアする